「くりらぼ多摩川」の名物企画、町工BARにてプレゼンテーションを行いました

更新日:8月2日

大田区・矢口に構えるモノづくりの創造拠点「くりらぼ多摩川」の名物企画、町工BARがオンラインで帰ってきた!

土曜日の朝、多田からこのようなタイトルのSlackが届いていました。

案内を見ていくとゲストには多田の名前が!

自分のイベント参加が決まりました。


町工BARとは


お酒を片手に町工場の職人の話に耳を傾け、モノづくりのまち・大田区ならではの交流を図るイベントとして、2014年から2カ月に1度のペースで開催され、今年で6年目を迎える人気のイベントです。

そして今回、落ち着いてきたとはいえまだまだコロナ禍の影響が残る社会状況のため、32回目にして初のオンライン開催となった様です。

-創造製作所- くりらぼ多摩川


見どころ(イベントの告知文を抜粋)

町工BAR vol.32「コロナ禍で挑戦するものづくり」

2020年9月26日 18時30~

【ゲスト】

多田 興平(株式会社Piezo Sonic 代表)

鉢呂 文秀(有限会社ファクタスデザイン 代表)

【モデレーター】

波田野 哲二(溶接職人)