COMPAMED 2019(ドイツ)に出展しました

更新日:8月3日

2019年11月18日(月)~21日(木) ドイツデュッセルドルフにて、

大田区産業振興協会様サポートの元、「COMPAMED 2019 」に出展しました。

COMPAMED 公式Webサイトはこちら

COMPAMEDはドイツで開催される医療機器デバイスの展示会で、国内では類似したものがない展示会です。

国内のお客様、協力メーカ様への対応が止まってしまわないために今回は多田一人での渡独となりました。

と言っても、大田区産業振興協会様や現地通訳の方もいらっしゃいますし、弊社はJETORO様の支援事業に認定されているため、JETORO様の専属コーディネータにも同行していただきました。

出張期間は16日(土)~23日(日)の1週間です。


多田が渡独する前夜の11月15日の夜(産業交流展の最終日!)、チーム世田谷として参加させていただいた展示会も終わり、自由になれた気がした?社員たちは皆、帰り間際に、多田に「頑張ってください」と声をかけてから帰路につきました。

以下のレポートは、帰国後、持ち帰った名刺や資料、多田のスマートフォンのデータを元にまとめています。


11月16日(土)出張1日目

10時55分 ドイツに向けて、多田が成田から飛び立ちました。

今回の展示会は大田区産業振興協会様の元、小松ばね工業株式会社様、株式会社信栄テクノ様、大田精工株式会社様、そして、弊社PiezoSonicの合計4社が集まりました。

しかし、この展示会は、成田空港に集合してみんなで仲良くドイツへ行きましょう!という様なものではなく、


「皆さん大人なので現地(展示会場)集合、現地解散です」


と言うなかなかハードルの高い参加条件です。

大田区産業振興協会の担当者様から話を聞くと、興味を示す会社は数多くありましたが、「勿論。行きます」と即答したのは多田くらいだったようです。

社内には相変わらずの事後報告でしたが、日本では医療機器用デバイスの展示会がないので、そこをメインターゲットとした展示会にお誘いいただけたことは、渡りに船の話でした。


とは言え、


前述したとおりで参加にあたってのハードルはかなり高いのです。


やり取りの電話を隣で聞いて『僕には行けないな』と強く思ったことを思い出しました。

ドイツまでは12時間のフライトですが、8時間の時差(日本より遅い)があるため、現地時間で16日(土)の15時05分に、ドイツのデュッセルドルフ空港に到着した様です。


最初の夕食へ