L×T bridge ライフサイエンス×DMM.make AKIBAにて講演をしました

更新日:3 日前

9月3日(火)L×T bridge ライフサイエンス×DMM.make AKIBA~人のつながりで革新を~にて、多田が講演を行いました。

本イベントは、 ニューテクノロジーとライフサイエンス領域それぞれのエンジニア、科学者、医師、事業家等がこのイベントをきっかけに交流し、互いの分野について理解を深めることを目的とし、新たなイノベーションへのきっかけを作る “ライフサイエンス&DMM.make AKIBA ”ミートアップです。

イベントの詳細はこちら


スタンフォード池野文昭先生の講演

『医療とテクノロジーの懸け橋になる』と言うテーマで開催されたこちらのイベントは、スタンフォード大学の池野文昭先生による講演で幕を開けました。

※一部の人は、講演前に行われたDMM.make AKIBA施設見学ツアーから



PROFILE池野 文昭

Stanford Biodesign Stanford University Program Director(U.S)Japan Biodesign MedVenture Partners取締役


講演では世界の医療現場と医療関連機器メーカーの現状と、『医療』と言う産業、ものづくり、テクノロジーにおいて重要なテーマの分野・業界において、日本の企業がいかに規模が小さいか、ものづくり以外の面からみた課題を、わかりやすくお教えいただきました。


内容はこちらをご覧ください

イベントレポートはこちら

簡単にまとめてはいけないかもしれませんが、

とても面白かったです。



ショートプレゼンテーション DMM内に拠点を設ける医療機器開発企業の代表として登壇

多田を含む、登壇者はこちらの皆様 <