AIITシニアスタートアッププログラムにて講義をさせていただきました

更新日:8月3日

2020年1月15日(水)19時~20時半 品川シーサイド駅にある、産業技術大学院大学品川シーサイドキャンパスで多田が講演を行いました。

AIITシニアスタートアッププログラムはこちら


受講者は、主に50歳以上で起業に興味・関心のある方々


社会人経験も長く、就業経験、体験した業種、職種も豊富な方々に『起業』をテーマとしてどのような話ができるのでしょうか?

多田が起業してから2年とちょっと。

今まで数多くの講演、プレゼンを行っておりますが、大前提として、テーマは技術的なもの、ものづくりに対する考え方的なものであり、 このようなテーマは初めてです。 


どの様な内容になるのか、準備をしている時から楽しみでした。

司会者の方から講演内容を説明いただきその場を引き継ぐと、いつものように、簡単な自己紹介、起業の経緯を語り始めました。

そして、この辺からいつもと異なるのですが、

日本の企業の概要、規模や働く人、働き方の概念から説明が始まり、会社についての枠組みといった、普段は聞きなれないようなことを説明し終えてから、はじめて『起業について』『起業に向いている人』『起業の際の注意点』『起業後の注意点』『今に至るまで』を、自身の体験を踏まえて話し始めました。


私が面白いと思った点

起業して生き残ることができる人の人物像



・コスト意識とスピード感があり人物 ・製造からサービスの提供まで考えられる人物 ・コミュニケーション能力が高い人

これを受けて、仕事が細分化される大企業では人が育たない (だから40代以降がリストラされる)


最初は自分でやることがたくさんあるので、 技術だけ、アイディアだけの人は難しい。