top of page

「MIRAI BAR DAY」に参加しました

更新日:6月14日

2023年4月13日(木)、株式会社Piezo Sonicは神戸市のコミュニティスペース「ANCHOR KOBE(アンカー神戸)」およびオンラインでのハイブリッド形式で開催された「MIRAI BAR DAY」に参加しました。


神田工業株式会社様のアトツギによる社内ベンチャーMIRAIBAR株式会社様をはじめ、ミライを変える先端技術を持つ関連スタートアップ企業が神戸に集結し、7社がピッチを行いました。


本記事では、多田によるピッチの様子を中心に、本イベントの様子をお届けします。




【開催概要】


■開催日:2023年4月13日(木)

■会場:ANCHOR KOBE(アンカー神戸)/オンラインのハイブリッド開催 《詳細情報》

https://anchorkobe.com/information/detail.php?id=20550



MIRAI BAR DAY とは

「MIRAI BAR DAY」とは、神田工業株式会社様のアトツギによる社内ベンチャーMIRAIBAR株式会社様をはじめ、ミライを変える先端技術を持った関連スタートアップ企業が神戸に集結したイベントです。


展示製品として、次世代省エネモータやハイブリッドQRコード、AIによる自動認識、スマートグラス業務支援DX、ニュートリションTECH、インバウンド製品など各社注力製品が集い、弊社の搬送用自律移動ロボット:「Mighty-D3」も神戸に初上陸し展示を行いました。




神戸新聞掲載「ANCHOR KOBE(アンカー神戸)2周年」

本イベントの会場である「ANCHOR KOBE(アンカー神戸)」は、2023年4月26日に開業から2周年を迎えました。

「MIRAI BAR DAY」の様子は、4月22日付の神戸新聞に取り上げられ、弊社ブースにて代表の多田と参加者がMightyを囲み交流する写真が掲載されました。




登壇企業


出展:4月13日MIRAI BAR DAY | NEWS/EVENT | ANCHOR KOBE アンカー神戸



「MIRAI BAR DAY」には、弊社を含めた下記の7社が登壇しました。


・MIRAI BAR株式会社

空中ディスプレイをはじめ、薄型デバイス、空中映像、非接触技術をコア技術としたモノづくり会社から立ち上げたハードウェアベンチャー。


・株式会社バンガードシステムズ

ステッピングモータを利用した応用製品の開発を行い、サーボ制御の技術をステッピングモータに転用することで、業界トップレベルの省エネを実現。


・株式会社Piezo Sonic

モーターとロボットの開発・製造・販売を行うハードウェアスタートアップ。ピエゾソニックモータと月面探査ローバの技術を応用し、不整地走行が可能な搬送用自律移動ロボット:「Mighty-D3」の開発・製造・販売も行う。


・Atlas Direction株式会社

あらゆる業種業態に対応した現場業務から接客応対まで、さまざまな現場と「つながり」、「伝え」、「見える」業務支援アプリケーションの開発を行う。


・株式会社インターメディア研究所

独自の二次元コードとAI技術による自動認識を核とし、アナログとデジタルが融合した誰もが安心して過ごせるIoT社会の実現を目指すTech企業。


・株式会社キッカスアンドカンパニー

“ニュートリションの力で世界をウェルネスに変えていく”をミッションとし、プロテインをハイドレーション化した「MURB」というブランドを展開。


・株式会社ZIPANG

「甲冑」と「酒」という2つの日本の文化を組み合わせたBOTTLE ARMOR(ボトルアーマー)の製造・販売を行う。



Piezo Sonicのピッチ


「ピエゾソニック モータ」を手にピッチを行う多田


ピッチには弊社代表の多田が登壇し、待機電力ゼロで姿勢を維持できる高トルクモーター「ピエゾソニック モータ」および、 屋外走行可能な搬送用自律移動ロボットAMR:Mightyの紹介を行った上で、弊社が実現を目指す「超スマートシティ」について語りました。


スタートアップ企業が集い、協業パートナーやご支援を賜るきっかけづくりとしての機会をいただいた本イベント。ピッチにおいては、今後弊社がどのような事業展開を見据えているか、さらにはその上でどのような方々との協業を描いているかという点を伝えることに注力しました。


弊社では、日本における労働人口減という社会課題に焦点を当て、モーターとロボティクス技術を用いて『ケガや病気になっても楽しめる生活ができる社会』の実現を目指しています。


今後あらゆる場面で人口減の影響が深刻化し、暮らしの中で人手を要するサポートにおいてもその枯渇が危ぶまれている現代社会において、弊社は搬送自律移動ロボット:Mightyにより、暮らしの中での「重い荷物を運ぶ」という力仕事を代替する未来を描いています。


さらに、2021年より販売を開始したMighty-D3は、「人の生活環境に適応するサポートロボット」を目指しています。

不整地、屋外走行が可能な移動ロボットのPF(プラットフォーム)機体として、工場や倉庫内のみならず、屋外での移動検査機としての運用や病院・介護施設、高層マンションなどでの非接触・非対面物流、遠隔応対への活用を掲げています。




弊社ブースでの様子



ブースでは、ピッチ内でも紹介した高トルク超音波モータ:ピエゾソニック モータの展示のほか、CES 2022(ラスベガス)「Innovation Awards」、CEATEC AWARD2022 スタートアップ&ユニバーシティ部門「グランプリ」、東京都ベンチャー技術大賞「特別賞」を受賞した、搬送自律移動ロボット:Mightyのデモンストレーションを行いました。


ピッチの内容を受け、ブースには弊社製品や事業展開に関心を持ってくださった方々が次々に訪れました。


今回神戸初上陸となった「Mighty」。弊社ブースを訪れた方の中には、ロボットを活用した製造現場でのDX推進に課題を抱える方の姿もありました。

DXに取り組んでいるものの円滑に進んでいないという現状に対し、自動化を検討するにあたっての一助となるような視点をご提供できていたら嬉しく思います。




登壇企業様との壮行会で士気を高めた前夜


「MIRAI BAR DAY」の前夜は、登壇社一同で壮行会を開催しました。各社での合同ピッチは初の開催となった今回、一同で中華料理を囲み、翌日への士気を高めました。


餃子や焼売から締めの坦々麺まで美味しくいただき、登壇社の皆さまとの会話も弾みました。





業種の垣根を越えた各社が集い、ピッチや製品の展示を通じて交流が生まれることで、今後の協働や事業の発展においても、相互にポジティブな影響を生み出すことができると考えています。


本展で生まれた出会いやアイディア、そして各登壇社様や参加者様との交流が、各社における今後の資産となり、社会全体の発展につながる製品やサービスの誕生につながることを期待しています。


この度、本イベントに共に参加させていただきました、MIRAI BAR株式会社様、株式会社バンガードシステムズ様、Atlas Direction株式会社様、株式会社インターメディア研究所様、株式会社キッカスアンドカンパニー様、株式会社ZIPANG様にはこの場を借りて改めて御礼申し上げます。今後とも弊社をよろしくお願い申し上げます。



また、今後も多くの方々に、弊社や弊社製品に興味を持っていただけますと幸いです。

なお、お問合せにつきましては、直接弊社までご連絡ください。


bottom of page