top of page

オリムベクスタ株式会社様主催オンラインセミナーに登壇しました

更新日:2023年9月13日

2023年5月26日(金)、精密小型モータおよびFAシステム関連機器の販売を行うオリムベクスタ株式会社様主催のオンラインセミナーが開催され、株式会社Piezo Sonic代表の多田が登壇し「ピエゾソニックモータ」の紹介を行いました。


今回の記事では、本セミナーの概要および、「ピエゾソニック モータ」について紹介します。


【セミナー詳細】

■日時:5月26日(金) 13:30~15:00(オンライン)

■セミナー名:「超音波モータの基礎と使い方、および新型超音波モータのご紹介」




「超音波モータの基礎と使い方、および新型超音波モータのご紹介」と題した本セミナーでは、「ピエゾソニック モータ」の特徴や操作方法・使用時のポイント・選定方法などについて講演を行いました。


【セミナー概要】

・電力ゼロで姿勢が保持できる駆動原理

・MRIなど強磁場環境で利用ができる理由

・超音波モータに適した事例と既存製品からの置き換え時のメリット

・超音波モータの制御方法

・新型超音波モータのご紹介


超音波モータの研究・開発に25年以上携わってきた多田による本セミナーは、「内容をブラッシュアップさせたので、かなり密度の濃いセミナーになったと思う」という当人の言葉通り、終了後には受講生から「ピエゾソニック モータ」に関する多数の質問や感想が寄せられました。



待機電力ゼロで姿勢の保持が可能な「ピエゾソニック モータ」


「ピエゾソニック モータ」は、高トルク化と長寿命化を実現する回転型超⾳波モータです(特許取得済)。


⼩型・⾼トルクでありながら静⾳性が⾼く、電⼒ゼロ(⾮通電・⾮制御時)でも姿勢を維持することができます。


駆動源として圧電セラミックを利用しており、モーターの⼤型化・重量増の原因となるマグネットやコイルを利⽤していないため、他⽅式のモーターと⽐べ⾮常に薄型・軽量であり、ロボットや位置決め装置装置用モータとして最適です。


装置全体の重量、消費電力低下に貢献できるのみならず、通常の電磁モータでは実現が困難な「磁場環境(MRIや半導体製造装置内)」においても唯一正常に動作する革新的なモータです。


本モータは、JAXAが求める次世代モータの開発プロジェクト(RFP9)にも採択されており、今後はさらに大きな力の出力が可能な製品の発表が期待されています。



【ピエゾソニック モータについての詳細情報はこちら】




本セミナーの機会をいただきましたオリムベクスタ株式会社様ならびに、セミナーを受講をいただきました皆様には、この場をお借りし御礼を申し上げます。


超音波モータについて検討されている方はもちろんのこと、初めて知る方にもお役立ていただける内容となっておりましたら嬉しく思います。


今後も多くの方々に、弊社や弊社製品に興味を持っていただけますと幸いです。

なお、お問合せにつきましては、直接弊社までご連絡ください。


【お問い合わせはこちら】



Comments


bottom of page