中央事業所の移転のお知らせ

更新日:8月3日

2020年4月3日(金)オフィスにはまたまた多くのスタッフが集まりました。

いま振り返れば、翌週の4月7日に緊急事態宣言が発令される直前でしたので、 まだみんなで集合することができました。

集合した理由は、タイトルにも書いたように、 中央事業所の引越し準備を始めるためです。

『引越し』と言っても所在地が変わるものではなく、 テクノフロント505号室から507号室への移動となります。


同じ建物の、同じ階の、二つ隣の部屋へ移動することになったのです!

2018年から活動している505号室ですが、 生産設備やスタッフも増えてきたことで少しづつ手狭になってきていました。

そんな折、多田の同じ大学の先輩で、日ごろから交流している507号室の野村社長と、事務所の運営や引越しについて話す機会があり、部屋の入れ替えという話がでました。

最初はこんなことってできるんですか?といった感じでしたが、施設を管理する大田区に相談したところ、制度としても問題がなかったため、事務所の入れ替えが決まりました。

弊社の狙いは、モーターの部材置き場や在庫置き場を用意できて生産体制を整えるだけでなく、今までの3倍の広さを活かし、ロボットの実験スペースを得て開発力を高めることです。

通常の引越しと異なり、お互いが同じタイミングで作業をしなければいけないため、タイミングを合わせられる時期の調整から始まりました。


505号室最後の全員作業


午前中、まるで嵐の前の静けさでいつもの作業を行いました。

記念なので写真をたくさん撮りました。

Mightyの足周りを調整する若手チーム


モーターの組み立て


モーターに信号を送るコネクタの半田付け


多田はいつもの開発作業


いつか社史を作るときに、記念すべき1枚になると思います。


ここが新しいオフィス(予定部屋)だ!


お昼を終えて、507に集まりました。


新しい部屋は窓が多く、陽当たり良好です。 手前にはモノレール、奥には羽田空港というロケーションです。


飛行機とモノレール映ってます</