top of page

「City-Tech.Tokyo」メディア向け説明会に登壇し、「Mighty」のスタートアップピッチを行いました

12月1日、「City-Tech.Tokyo」のメディア向け説明会に弊社代表の多田が登壇し、「Mighty」についてスタートアップピッチを行いました。



「City-Tech.Tokyo」は、行政とスタートアップ企業による共同事業の活性化や都市課題の解決を目的とした、東京都が主導する初のグローバルイベントです。


ベルリン、パリ、釜山など20を超える国・都市の出展が決定し、世界30カ国100都市以上から1万人以上の参加を目標に掲げています。

弊社は本イベントにおいて、スタートアップ企業としての出展が決定しています。

そのため、今回のメディア向け説明会では、出展企業を代表して弊社の多田が「Mighty」をテーマにスタートアップピッチを行いました。


今回の記事では、本イベントの概要および、メディア向け説明会での弊社のスタートアップピッチの様子についてお伝えします。



【開催概要】


■ 主催:グローバルイベント2023 実行委員会

■ 日時:2022年2月27日(月)・28日(火)

■ 会場:東京国際フォーラム(リアルとオンラインのハイブリット開催)

■ イベントHP:https://city-tech.tokyo/

■ チケット購入:https://eventregist.com/e/City-Tech-Tokyo?lang=ja_JP&_gl=1*36mg1b*_ga*MjY3NTQzNzUuMTY3MDIyOTA1OA..*_ga_MHFY9WL6N7*MTY3MDkxMzI1MC40LjEuMTY3MDkxMzM5NC4wLjAuMA..




宮坂東京都副知事によるご挨拶


本イベントの開催にあたり、東京都の宮坂学副知事が登壇し、

「世界的な大都市である東京から、次の30年を担うスタートアップを生み出していきたい。東京と世界の都市、そしてスタートアップが集うことで、オープンイノベーションが生まれるイベントにしていきたい」


と意気込みを語られました。





多田による「Mighty」のスタートアップピッチ


スタートアップ企業を代表し、多田が「Mighty」についてのスタートアップピッチを行いました。



なお、今回のメディア向け説明会は、プレゼンテーション本番ではありません。


あくまでも2月の開催に期待を持っていただくような内容までにとどめる、いわば「映画の予告編」のようなスタートアップピッチです。

そのため、多田の話の冒頭での、「今回は足りないよと思われるくらいで、成功かなと思っています」という言葉には会場から笑いが起こりました。掴みはバッチリです!



その後は弊社の紹介や、「Mighty」誕生の背景となった日本の労働人口の減少といった社会課題に触れ、最後に本イベントへ期待することを述べました。


弊社は「City-Tech.Tokyo」への参加によって、東京から海外への公的な情報展開を通じた情報発信の機会の獲得や、メディア露出や海外展示会での支援を通じたお客様への製品紹介、新たな企業との打ち合わせ機会の獲得を期待しています。


また、今回の東京都主導のイベントにおいて、「Mightyは東京都生まれ東京育ちのロボット」ということもアピールしました。


東京で産声を上げたロボットが、「City-Tech.Tokyo」を通してさらに世界へ羽ばたいていくことを期待しています。





集合写真/懇談


本説明会終了後の関係者を交えた写真撮影では、都副知事の隣のポジションで撮影することができました。


懇談会では都副知事ともお話し、イベント参加への意気込みや期待が語られました。




終了後にこっそり打ち明けてくれた話では、数日前に本イベントへの参加が決定したため、そこからのわずかな時間で今日のスタートアップピッチの準備をしたとのこと。


さらにこの日の多田は、羽田イノベーションコングレススクエア羽田での「D’s Idea Pitch」からのはしごでの参加となり、なかなかタフなスケジュールでした。


しかし、2月の本番のプレゼンテーションに興味を持っていただけるような、「少しもの足りなく思うようなさじ加減」のスタートアップピッチの手応えは得られたのではないでしょうか。


2月の開催当日を楽しみに、プレゼンテーション本番に備えたいと思います。



Kommentarer


bottom of page