top of page

「産業交流展2023」に出展しました

11月20日(月)〜22日(金)、株式会社Piezo Sonicは東京ビッグサイトで開催された「産業交流展2023」に出展しました。

今回の記事では、本展における弊社出展ブースでの様子をお届けします。



【開催概要】


■会期(リアル展):2023年11月20日(月)~11月22日(水)

■会場:東京ビッグサイト西展示棟

■主催:産業交流展2023 実行委員会

東京都、東京商工会議所、東京都商工会議所連合会、東京都商工会連合会、東京都中小企業団体中央会、(株)東京ビッグサイト、(公財)東京都中小企業振興公社、(地独)東京都立産業技術研究センター


《展示会公式Webサイト》



産業交流展とは



産業交流展は、原則として首都圏(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)に事業所を有する、個性あふれる中小企業などの優れた技術や製品が一堂に会する展示会。


2023年の産業交流展においては、コロナ禍を乗り超えた新たな飛躍の実現を掲げ、持続可能で明るい社会を紡ぎ出す「未来創造都市」東京を舞台に、新たな事業交流の創出を描きました。


DX・GX、スタートアップ、次世代技術、危機管理などをトピックスに、個性あふれる中小企業の技術やサービスが集いました。



弊社出展ブース・展示内容



「スタートアップ」ゾーンの出展ブースでは、高トルク超音波モータ:ピエゾソニック モータの展示のほか、「CES 2022 Innovation Awards」をはじめ、「CEATEC AWARD2022 スタートアップ部門 」グランプリ、「東京都ベンチャー技術大賞」特別賞、「精密工学会ものづくり賞」最優秀賞を受賞した、搬送自律移動ロボット:Mightyのミニ展示を行いました。


高トルク超音波モータ:ピエゾソニックモータは、磁石やコイルを利用せず、圧電セラミックを振動させ、そのエネルギーを駆動力としています。

小型でありながら、同サイズのDCモータと比べて約5倍〜10倍の高トルクを発揮します。非通電、非制御で姿勢・状態を保持することができ、バックラッシュがないために高精度な位置制御が可能です。



ピエゾソニック モータについての詳細情報はこちらからご覧いただけます。


⾃律移動ロボット:Mightyは、日本の月面探査ロボットの機構を応用した特殊なサスペンション機構と、待機電力ゼロで姿勢を保持できる「ピエゾソニック モータ」をステアリングに搭載し、世界最高の不整地走行性能を備えた搬送用自律移動ロボットです。


15cmの段差の乗り越え、その場旋回、真横移動が可能であることから、屋外・屋内問わず多くの場所で路面状況を気にすることなく走行できることが大きな特徴です。



AMR:Migytyについての詳細情報はこちらからご覧いただけます。



「ミニMighty」の展示


本展においては、出展ブースのスペースが限られていたため、搬送自律移動ロボット:Mightyの実機ではなく、小型模型の「ミニMighty」を展示しました(下記「ミニMighty」掲載写真は2023年2月に撮影)。



机上サイズの「ミニMighty」は、各パーツをバラバラにして組み立てることができ、持ち運びにも便利です。


小型ながら、細部まで本物さながらに作られているため、カタログや紹介動画では伝えきれない部分まで網羅しながらお客様へ説明することができます。





お客様との濃密な商談ができた本展


情報、通信、医療・福祉、機械・金属、DX・GX、危機管理、スタートアップと幅広い業種のブースが軒を連ねた本展。

その分、ロボティクスやハードウェアなどに特化した展示会ではお会いできないような業種のお客様との出会いもあり、お客様の関心も多岐に渡りました。


混雑しすぎない会場設計であったこともあり、ブースを訪れていただいたお客様には、細部までご説明を行うことができました。





本展において、弊社ブースへご来場いただきました皆様に御礼申し上げます。

今後も多くの方々に、弊社や弊社製品に興味を持っていただけますと幸いです。

併せて、新しい製品開発に取り組む研究開発型エンジニアを募集しておりすので、ご興味を持っていただいた方はご連絡ください。

お問合せにつきましては、下記より直接弊社までご連絡ください。

【お問い合わせはこちら】


Comments


bottom of page